新型VAIOが発表されましたよ~。
今回は駆動時間や内臓スピーカー、マイクの音質がアップしていたり、ディスプレイが180度開いたりと、なんだか面白そうです!
VAIO Z、VAIO SX12、VAIO SX14のなかで、今回はSX12とSX14の性能についてみていきましょう!

さらに、バッテリー長持ち!

SX12およびSX14フルHDモデルで駆動時間が30時間!(2020年モデルではSX12は15.5~16.5時間、SX14では22.7時間)
スリープ中は最大限省電力化をしていて、出張などで長時間移動するときでもバッテリー残量を気にせず使用しやすくなりました。

超高速ストレージ(クリックした瞬間、ワードやエクセルが立ち上がる感じ!)

第4世代ハイスピードSSDを採用。2TB、1TB、512GB、256GBから選べます。
写真や動画をたくさん保存する場合は、使いたい容量によって512GB以上の大きめがオススメです。
あまり写真や動画を溜め込まないなら、256GBを選択し、本体に入らないファイルは外付けHDDやNASへ保存するとお値打ちに購入できますね。

広帯域メモリー規格LPDDR4Xを採用で、32GB、16GB、8GBを選択可能。
事務のお仕事で、エクセルやメール程度しかしないのであれば8GBでも使えますが、複数のアプリを使うには16GB以上がおすすめ。ネットでたくさんのタブを開いたり、動画を作ったりする場合は32GBがオススメです。

内臓カメラシャッターとマイク・カメラの性能強化

フロントカメラは約207万画素。マイクは機構見直しで性能が強化しています。
スピーカーも音声だけを聞きやすくするエフェクトがかけられており、前方向に大型スピーカーユニットが搭載されました。
カメラを使用しないときは物理的にシャッターを閉められるため、万が一、ビデオオンになっていても映らない安心感がいいですね。
マイクに関しては、キーボードのTabキーでミュートできる機能が追加。
リモートワークを反映した、セキュリティーに配慮された新世代のパソコンと言えます。

マイクはAI技術で環境ノイズを軽減。外出先でのWEB会議でも自分の声を聞こえやすく届けられます。
また、マイクの構造が見直され、キーボードの打鍵音を拾いづらくなりました。
喫茶店や新幹線で、キーボードの音で人に迷惑を掛けないパソコンと言えますね。

180度開く液晶ディスプレイとタッチペン(SX14のみ)

対面でパソコン画面を見せる際に、パソコン本体をぐるっと回転させる必要がなくなりました。
液晶ディスプレイを開けば180°フラットになります!
画面の向きは、キーボード「2」キーで表示が回転。
スマートなプレゼンで、商談もスムーズに行くでしょう。

また、ワコムの最新技術を採用したペン入力サポートがなされています。
ディスプレイ側はこれまでLCDモジュールとセンサーモジュールを接着剤で張り付けていましたが、タッチセンサーをLCDモジュールに搭載することで厚みが改善されているとのこと。
これまでタッチセンサーが誤動作してwindowが出たり消えたりする症状(画面パカパカ病と勝手に呼んでいる)も改善されていることを期待します。

カラーバリエーション SX12は新色ローズゴールドが仲間入り

アーバンブロンズ、ファインブラック、ブライトシルバー、ファインホワイトに加え、SX12のみローズゴールドが選択可能になっています。
VAIOのピンクではなくローズゴールドっていうカラーなところが、高級感を感じさせますね。
2020年モデルは当店ではアーバンブロンズが人気でした。
ブライトシルバーのキーボードはブラック、ファインホワイトはホワイト、ローズゴールドはブラックで構成されています



長期保証について

長期保証は3年ベーシックが無料でついています。
通常保証は、正しく使用していて故障をした場合に適用されます。
しかし!
単純に保証期間が伸びるだけの延長保証より、スゴい保証があります!

それがワイド保証!!

モバイルPCはその名の通り「持ち運び」ますから、ぶつける、落とす、飲み物をこぼすといったトラブルが起こりがちです。
ワイド保証は機種毎に定められた料金が掛かりますが、※修理回数を気にせず、3年間は安心して持ち運べます。
※全損の場合は交換となり保証は打ち切りとなりますが、つまり、修理不可能に壊れてしまっても、3年以内なら1台戻ってきますので「2台買った」と同じようなものですね。これはスゴい保証だと思います。

当店のお客様で実際にあった故障をご紹介します。

「手が滑ってiPadを画面にぶつけて画面が割れた!」
→無償修理。

「お茶をこぼしてしまった!」
→無償修理。

「部屋が火災になりVAIOが影も形もなく燃えてしまった!」
→全損のため同等機種が提供された。(ただし、全損で交換の場合は保証期間が残っていてもワイド保証は打ち切りとなります。)

このように、破損・水ぬれ・水害・火災・落雷の保証にも使える
3年ワイド保証(+11,000円税込)を選択することを超オススメします!
(ワイド保証の料金は商品によって異なります。)
当店で購入される方は、ほぼ100%、ワイド保証を選択されています。

延長保証の詳細についてはこちらをご覧下さい
https://www.sony.jp/store/benefit/warranty/

これまでは選択肢として、
修理時に代替機を用意してくれ、データ復旧も特約でつけるサービスがありましたが、現在は受付けておりませんのでご注意ください。

発売記念キャンペーン実施中

新型VAIO SX14およびVAIO SX12の発売を記念して、ソニーストアにてキャンペーンが実施されています。
購入の際の参考まで

VAIO SX12

本体ベースを10,000円(税込)値下げ(2021年12月1日(水)10:00まで)
■SSD 第四世代ハイスピードSSD 512GBを10,000円(税込)値下げ(2021年12月1日(水)10:00まで)
■OSの選択において「Windows 10 Home」から「Windows 10 Pro」へのアップグレードが通常価格 +5,500円(税込)のところ+1,500円(税込)。4,000円(税込)OFF(2021年11月1日(月)10:00)

VAIO SX14

本体ベースを10,000円(税込)値下げ(2021年12月1日(水)10:00まで)
■SSD 第四世代ハイスピードSSD 512GBを10,000円(税込)値下げ(2021年12月1日(水)10:00まで)

SX12 VJS1241ソニーストア価格
123,100円(税込)~
現在本体価格1万円引きキャンペーン実施中
(2021年10月13日(水) 13:00 ~12月1日(水)10:00)

長期保証3年ベーシック付属

VAIO® SX12 | ALL BLACK EDITION
232,000 円(税込) 〜
長期保証3年ベーシック付属

VAIO® SX12 | 勝色特別仕様
237,500 円(税込) 〜

長期保証3年ベーシック付属

SX14 VJS1441ソニーストア価格
123,100円(税込)~
現在本体価格1万円引きキャンペーン実施中
(2021年10月13日(水) 13:00 ~12月1日(水)10:00)

長期保証3年ベーシック付属

VAIO® SX14 | ALL BLACK EDITION
232,000 円(税込) 〜

長期保証3年ベーシック付属

VAIO® SX14 | 勝色特別仕様
237,500 円(税込) 〜

長期保証3年ベーシック付属

VAIOZも勝色特別仕様が登場!
くわしくはこちらから